ジュニアスタイリストの仕事情報サイト。ジュニアスタイリストになる方法、ジュニアスタイリストとトップスタイリストの違いなど

ジュニアスタイリストってどんな仕事?

ジュニアスタイリストの仕事内容は何かご存知ですか?

ジュニアスタイリストに関する情報はネット上にもほとんど見られないので、ファッション関係のスタイリストと混同している人も多いのではないかと思いますが、ジュニアスタイリストとは、美容師の卵だと考えてください。

ジュニアスタイリストの仕事内容や給料は、美容室に勤めるアシスタントよりは本格的な内容で高給ですが、その先のスタイリストやトップスタイリストにはもちろん及びません。

ジュニアスタイリストを卒業するとスタイリストになり、その先のトップスタイリストになって初めて一人前だと業界では判断されるようです。ジュニアスタイリストについての情報は、ジュニアスタイリストさん自身がブログなどを書いているケースが多いので体験談や口コミをチェックしてみましょう。

ジュニアスタイリストと美容師はどう違う?

ジュニアスタイリストが勘違いされやすいのは、ファッション関係のスタイリストの子供版だと思われることではないでしょうか。

ジュニアスタイリストとは、仕事内容もお店のスタッフとしての位置づけも「美容師の卵」だととらえましょう。ヘアー関係のスタイリストの卵であり、美容師の卵です。美容師になるには国家資格が必要ですが、ジュニアスタイリストはその一歩前の段階だということになります。

美容師の資格をもつ人は、一般的に「ジュニア」がとれた「スタイリスト」として、美容室のお客さんを責任もって対応する立場になります。ジュニアスタイリストとして、現場で様々な技術の経験を積み、スタイリスト(美容師)になっていきます。ジュニアスタイリストの求人募集もたくさんありますが、給料及び仕事内容についてはあくまでスタイリストの見習いだと心得ましょう。

ジュニアスタイリストになるには?

ジュニアスタイリストは、美容師の卵のような人たちのことを指しています。ジュニアスタイリストは、子ども向けということを意味するのではなく、ファッション関係のスタイリストのことを指すわけでもありません。

ジュニアスタイリストは、美容の世界において、一番最初の見習いの「アシスタント」の次に位置づけられるポジションです。

通常、美容師の世界において駆け上がるランクとしては、アシスタント→ジュニアスタイリスト→スタイリスト→トップスタイリストだとされています。特に、それぞれに職業があるわけではなく、ジュニアスタイリストはいずれ卒業してスタイリストとなり、さらにお客さんから一目おかれる存在のトップスタイリストになるというステップを踏んでいくのです。

ジュニアスタイリストになるには、やはりきちんと教育訓練の充実した美容室にまずアシスタントとして勤めることが大切です。ジュニアスタイリストとして経験を積めば、いずれはスタイリスト、さらに一目おかれるトップスタイリストとしてお客さまの前に立つ日が確実に近づきます。